あっという間に9月です、今年も残すところ4か月です。体験応募再開いたしました。
あや四つん這い

イクことを知らないM女初心者が感じ過ぎて過呼吸気味に

こちらの記事は1月に体験応募いただきコロナ前にお会いした体験談となります。

ソフトSM調教応募あやさんからのメール

あや

相談事項:はじめまして。●●●に住むあやと言います。
現在彼氏はいません。
イッたことがなくイクという感覚も分かりません。
なので、気持ちいいとはどういう感覚なのか、イクとは何かを知りたいです。
以前付き合っていた彼氏に目隠しされ玩具で責められたときは気持ちよくなるのが怖くなり途中でやめてもらいました。
ただ、私ももう2●歳になりました。
本当に気持ちのいいセックスを知りたいと思い勇気を出して連絡させてもらいました。

今までの性体験・SM体験:SMという本格的なことはしたことはなく、ソフトな感じで目隠しされ玩具で責められたことしかありません。
それ以外は、胸を触られ、指を入れられ、フェラしてすぐ挿入がほとんどでした。

希望するSMの内容・NG行為:目隠しされ、優しい(乱暴なのは経験したことがないので)言葉責めされながら焦らされて玩具を使われてみたいです。
NG行為は特にありませんが、苦しいことは苦手です。

管理人への気持ち:もし、体験を受けさせていただけるのであればよろしくお願いします。
イッたこともなく、男性を満足させることも(フェラでいかすことが)出来ないので、セックスには正直自信がありません。
なので、体験させていただいで、少しでもセックスを好きなり自信をつけたいです。
また、以前付き合っていた方の言葉責め、玩具責めが忘れられず、もう一度本当に感じるようになって体験してみたくお願いさせてもらいました。

メール内容抜粋しようかなと思ったのですが同じような悩みを持たれてる女性も多いかと思い抜粋する箇所がみつかりませんでした。
年齢は個人特定を避けるため最大プラスマイナス3歳差で記載しておりますのでご了承ください。
彼女とはラインでのやり取りとなりました。
初回、私が回答した返事です。
たかの返事

たか
この度はメールありがとうございます。
内容拝見させていただきました。
エッチに関して今まであまり気持ちよさを感じて来なかった。
唯一、気持ちよかったのが目隠しされおもちゃで責められた時ということですね。1回目のメールだけではわかりませんが、経験も浅く身体は性的な部分がまだまだ未開発なのだと思います。
だから通常されるような胸をさわられ、指を入れ挿入されるだけの行為ではあまり感じなかったのでしょう。
●●●●●●●●●●●●●●●●特に女性の場合。
そんな中、目隠しされおもちゃ●●●●●●●●。仰る通り28歳ですので本当に気持ちいい性の喜びを知るにはいい機会だと思います。
女性の気持ちよさは相手男性によるところも大きいので、エッチの技術が平均以上にある人とすることは今後の判断基準になるかと思います。イク感覚を知らないということですが、●●●●●●●●ですね?
●●●●●●●●。
●●●●●●●●よくあることです。
そういう女性でもイカすことは可能ですのでご安心ください。希望する行為・NGについて承知しました。
言葉責めについてどういう言葉責めに興奮しますか?
過去こういう言葉に興奮した、動画を見ていてこういったシュチュエーションでこんな言葉責めに興奮した。
など細かく教えていただけますでしょうか。
●●●●●●●●タイプのようですので●●●●●●●●じっくりと身体も感じさせていきたいと思います。セックスに自信をつけたくフェラなどで男性を満足させたいとのこと。
もちろん大事なことですが、まずはあやさんご自身が気持ちよくなる体験をすることが重要かと思います。
そうでないと相手男性を満足させてもあやさんが気持ちよくなれないとセックス(エッチ)自身も嫌いになっていくかと思います。1日(数時間)であやさんも男性側もというのは難しいのでまずはあやさんの性的気持ちよさを味わってもらいたいと思います。
その後、また私と会ってもいい、教えてもらいたいというのであればフェラの仕方、男性が喜ぶポイントなど指導出来ればいいかと思います。初回、長文になり失礼しました。

 

あやさんからのお返事
あやさんの返事

あや

すみません、遅くなりました💦

ないです!
なのでイク感覚自体が分かりません。

正直気持ちいい感覚がいまいち分からず、でも、気持ちいいと言葉にしないと雰囲気がしらけてしまいそうな感じがして相手に合わせるようにはしてました。

ただ、挿入されて奥ばかり突かれるのが本当に苦痛で、対して気持ちよくもないのにって思うのと同時に、激しすぎて終わった後も突かれてる感覚と下腹部の痛みがあって段々行為自体が苦手に感じてました。
周りの友達は彼氏としててイクこともあるって言うてるにも関わらず、イクことも出来ない、気持ちよさも分からないので悩んでました。
唯一気持ちいいと感じたときですら、それ以上の感覚が怖くて中断してたので、たかさんの●●●●●●●●●●●●●●●●ホッとしました。

●●●●●●●●
●●●●●●●●

分かりました!
たかさんが実際に私と会ってくださったときに、無理ってなったらそのときは言うてください。

教えてもらう人がいないので、もしたかさんがいいよって言ってくださるなら1回だけでなく、フェラなどいろいろ教えていただきたいとは思っています。

拙い文章で上手く伝わってるか不安ですが、少しでも伝われば幸いです。

その後、何度もラインでメッセージをやり取りし嗜好のすり合わせをし、体験したいと言っていただきましたのでお会いする約束をました。

ソフトSM体験当日

ひと気が少ない場所で待ち合わせして欲しいとのことでコンビニ前で待ち合わせ
めちゃくちゃ緊張してるようです。
ホテルについてしばし談笑
会話している雰囲気だとここは責める感じではなさそう
ということで始まりだしたらおさまらないのでシャワーへ
まずは私から浴び、彼女が浴びている間、おもちゃなどの準備をします。
その後、彼女がシャワーから出てくるとすぐさまベッドに向かおうとするのです。
それを引き止めます。
ベッドがいいと言いますが許しません。
ここで許してしまうと今後の調教が彼女のペースになってしまうので拒否です。
あまり調教経験のない女性は自分の思い通りでのプレイを望みます。
シャワーを浴びるとベットに行き横になろうとします。
そして責められるのを待つ。
完全に女性のペースですよね、最初に主導権を渡すと女性側も悪気無くこういう流れなんだと思いどんどん自分のペースにしてしまいます。
責められてる時も気持ちが良すぎておかしくなるから止めてと言って本気で止めてきます。
すべて自分都合でコントロールしようとします。
これだとSM調教の趣旨と違い男性に身を委ねて本気で感じることが出来ません。
今日は調教されにやってきてるので全て私が支配します。
この辺りも調教、躾です。

ソファで調教開始

彼女の恰好は下着を着けホテルの部屋着姿
まずは隣に座り軽いスキンシップ、腕をさわったり耳、首などをさわり感度チェック
彼女の場合、イマイチ反応はよくありません緊張もあるようです。
しかし、そのまま続行・・・なのですが目隠しの要望がメッセージのやり取りでありましたし、リラックス・集中も出来るので目隠しをしてそのまま続けます。
目隠しで意識が感じることに集中出来るようになったのか少しづつですが吐息が漏れ始めました。
口の中に指を入れます、少しづつ奥に突っ込みます、指でフェラチオさせつつもう片方の手でカラダ全体を舐め回すようにさわっていきます。
太もも辺りをさわると反応しだしました。
口の中に指を入れてるのでフゴフゴ言ってます。
彼女をM字開脚にしそのまま責め続けます。
私の手が股間あたりに来ると自分の手で払いのけます。
「ダメ」
「何がダメや、さわって欲しいんだろ」
「手をどけなさい」
一時的はどけるのですが、すぐにまた手で自分のオマンコ隠しさわらせません。
しかも、まだパンツは履いたままです。
今、あまり感じてない状態でこれですから感じさせようとした時には手を払いのけられるのは目に見えてます。
こういうタイプは言うこときかないので強制的に出ます。
拘束具です。

目隠し・M字開脚拘束・ボールギャグ

M字開脚の状態で右手右足、左手左足を拘束しました。
そして「ダメ」とか反抗するのでボールギャグも
これでもう邪魔することは出来ません。
調教に慣れてない女性はタイプに分かれますがあやタイプの場合、自分のペースに持ち込もうとします。
今まで躾というものを教わってませんので当然と言えば当然ですがこのタイプの女性は過去男性に甘え、要求し自分のペースでそれなりに感じてきました。
だからこそ、自分のペースを乱さず頭が真っ白になり自分を失うくらいに感じた事が無いのかも知れません。
さて、責め再開です。

乳首が勃起

ブラの上から胸を出し、乳首を責めていきます。
M字開脚でブラの上からおっぱい出してヤラシイ恰好です。
最初はやさしく胸の周りをそして徐々に中心部にいき、指で乳首をはじきます。
「うん、うぅ・・・」とボールギャグをしている口から何か言ってますがおかまいなし続けます。
どうやら乳首は感じるようなのでさらに責めます。
ツンと立っている乳首を親指と人差し指の第一関節にはさみ捻ってやると
「アァー、アアアア・・・」
「へぇ、こういうのが気持ちいいんだ」
「もっとやってやるよ」
彼女は手を伸ばして私の手を払いのけようとしますが、今度は拘束具をしているので届きません。
続けます、右回転にひねったり、逆回転も
そして時折ひっぱります。
「ほらほら乳首が取れそうだぞ」
乳首も硬く勃起し息が荒くなってきました。
「はめて、はめて(やめて、やめて)」
「何言ってるかわからんなー」
「反対もして欲しいと言ってるのか!」
もちろんそんなこと言ってませんが、おかまいなし
M女初心者にはこういう責めがききます。
今まではヤメテと言えば男性がやめてくれてただろうが、今はあやの気持ちは一切無視。
責められるがままです。
言葉責めしながら反対の胸も責めていきます。
「ふーん、こっちの胸も感じるんだ」
「どっちの胸が感じるか試してみよかな」
「こっちかな、それともこっちかな」
左右の乳首を交互にひねり反応を楽しみます。
アウッ、アウッ、ハァハァハァ・・・」
「もしかして両方ともか!」
「うわぁ・・・、ハァハァハァ」
息遣いがとても荒く反応も上々です。

アソコから大量の密があふれでる

そしていよいよオマンコへ
パンツの上からさわりますが、反応はイマイチ
「パンツの上からじゃ、モノ足らんのか」
私はいつもの定位置、彼女のオマンコの前、地べたに座ります。
パンツを横にずらして見るとパンツとオマンコの間でスケベな糸をひいています。
「もうこんなに濡れてるのか」
「うぅ・・」
「どれだけ濡れてるか自分ではわからんやろ」
そう言いながら私はパンツを元に戻し、太ももの両つけ根、くぼんだところに親指をやりマッサージのように指の腹を使い揉み回転させると卑猥な音がクチュクチュとオマンコから聞こえてきます。
「うわぁ、スケベな音が聞こえる、クチュクチュいってるわ」
「どれだけスケベな汁を垂らしてるんだ」
「ちょっと見てみようかな」
そう言いながら再びパンツを横にずらします。
よく見ると本気汁の白濁した液も出ています。
その白い液体を指ですくいクリトリスに塗ります。
彼女は相変わらず私の手を邪魔しようとしますが抵抗虚しく出来ません。
クリトリス、中と責めたところどうやら中の方が気持ちよさそうです。
クリトリスの責めは後ほどに置いとき、中を責めていきます。
指を1本いれ、どこが感じるポイントなのか探っていきます。
「どこが感じるのかなぁ」
指の腹でトントンと上の壁を軽く叩いていきます
「アッ、アッ、ハァハァハァ」
かなりの息遣いです。
「ふーん、ここが感じるんだ」
「もっと刺激してやろうか」
「ハメェ、ハメェ(ダメェ、ダメェ)」
「なに言ってるかわからんな」
「もっとなのか」
「これ以上やったら、潮吹くぞ」
「パンツ履いたままなのにパンツビチョビチョになって帰りはノーパンで帰らないとあかんな」
「ほらほら、どうするぅ」
「ハメェ、ハメェ(ダメェ、ダメェ)」
「吹くか吹かないかはあや次第やなぁ」
「漏れちゃう、漏れちゃう・・・」
そんな言葉責めを楽しみましたが、さすがにパンツビチョビチョにさせるわけにはいきません。
ここで拘束具を片方取り、ブラとパンツを脱がせました。
相変わらず、ベッド行きたいと訴えていますが、そんなの許しません。
ソファでじっくりと調教です、M字開脚にして責めるのは私の大好きな責めの一つなんですから・・・
今の状況は全裸で目隠しされ口にはボールギャグ、拘束具で身動き取れない状態です。
現状ではクリトリスより中の方が感じるようなのでこのまま中を責めていきます。
ただし、まだ序章なので潮を吹かせたりはしません。

バイブを咥えヨダレを垂らす

ここでバイブを使います。
彼女の要望でおもちゃを使って欲しいというのもありました。
バイブをオマンコの入り口付近にやり、先っぽの方だけ抜き差しします。
「なに?なに?」とオマンコに入れられてるものを必死に確認しようとしますがそのまま続けます。
クチュクチュと音がしてます。
「イヤラシイ音たててるな!」
「早くオマンコで咥えこみたいのか」
そう言いながら先っぽの方だけ入れたり出したり、オマンコへの挿入を慣らしていきます。
少しづつ奥へ奥へ、ズブリと深く入るたびに喘ぎ声も大きくなってきます。
「そんな感じるんだ」
「こういう風にしてイジメて欲しかったんやな、すごい恰好してるもんな」
あやは感じるのに必死です。
その後もバイブで楽しみM字開脚にしていましたがソファに倒れこみましたので、ここで拘束具を外して一旦休憩。

漏れちゃう

休憩後はベッドにて
クリトリスをゆっくりとさわりながらスタート
乳首もイジメていきます。
かなり強めにつねってやるとカラダをビクビクさせて感じてます。
すっかり緊張は解けた様子。
中はバイブで少し責めた程度なので引き続き中を責めていきます。
指でGスポットをついていきます。
Gスポットをトントンと・・・
「だめぇ、漏れちゃう、漏れちゃうよぉ・・・」
「ん?こんなところで漏らしたらあかんよな、シーツがビショビショになってベッドに寝られへんようになる」
彼女のカラダをベッドの端に引きずり、さらにGスポットを責めてやると出ました!
チョロチョロと出てきて、激しくするとドピュっと吹くではないですか。
「うわっ!めちゃめちゃ出るやん、こんなにも潮吹いて」
もう彼女はクッタクタです。
少し過呼吸気味になるので休憩です。
休憩後はクンニの要望もあったのでその予定のため休憩する前にオマンコが潮でべちゃべちゃなのでシャワーを浴びるよう指示しました。
ここで少し大きめの休憩を取りピロートーク。
自分自身ではさほどドエムではないと自覚はあるようです。
確かにその通りなのですが、磨いていけば十分にドエムになる素質はある彼女です。
ただ、今までのパートナーは彼女がヤメテと言ったら止めていた男性がほとんどなので自分でコントロールできると思っているようです。
これがS男性がパートナーになるとコントロールされるがままになってしまうので磨きがいがありますね。

クンニはじっくりやさしく

休憩後はクンニ
今までの男性はすぐに入れたがる人ばかりだったのでろくにクンニされた事が無いそうです。
ということでしたのでじっくりと時間をかけてクンニしてあげました。
かなーり気持ちよかったようでその後もなめ合いっこしたいとのことでシックスナイン
その後、二人でお風呂に入りイチャイチャタイム
お風呂から上がったあとは
四つん這いにして手マンで彼女を責めました。

あや四つん這い
ここでも思い切り感じており過呼吸気味。

最初の応募メールの文章
正直気持ちいい感覚がいまいち分からず、でも、気持ちいいと言葉にしないと雰囲気がしらけてしまいそうな感じがして相手に合わせるようにはしてました。
これが気持ちいい感覚を知らない女性の反応、演技でしょうか、本気で感じてますよね。
興奮するように集中させてあげ、しっかりと快感ポイントを責めてあげるとこれだけ鳴きます。
ぜひ動画をご覧ください。

その後は電マで潮を吹かせベッドのシーツが横になれないほどビショビショになったのでフィニッシュ。
今回はセックスでも気持ちよくなりたいとのことでしたがかなり時間も押していたので本番は次回以降に持ち越しです。
まずは責められる気持ちよさを知ってもらいました。
しかし、まだまだM女になりきれていないので私の今日の責めは60点くらいかなという話をしてました。
別れた後にいただいたメッセージです。

あや

今日はありがとうございました
たかさんも怖くない人で安心しました
それに楽しかったです
体力なさいのですぐ休憩してもらえたのはありがたかったです
色々とびしょびしょにしてしまってすみませんでした💦

たか
こちらこそ、今日はありがとうございました。
初めてだし、責められ慣れてないのもあるでしょうね。
今度はもっとたくさん責めさせて貰いますよ。
プレイしてみてイクのはそんなに難しくないなと感じました。
またお会いしましょう、楽しかったです有難うございました。
あや
普段あそこまでされることがないので、新しい世界に踏み込んだ気分です笑
今日は60点くらいだったので、次は70点を目指したいです
自分ではいっぱいいっぱいなりすぎてて、いってたかどうか分からないのですが気持ち良かったです
次会えるの楽しみにしてます

今回、改めて見るとほとんど写真を撮ってませんでした。
動画は潮吹き動画も撮りましたのでまた時間があればアップしたいと思います。

あや四つん這い
最新情報をチェックしよう!