いらっしゃいませ サイトリニューアルしました。 今後ともよろしくお願いします。

不倫旅行1

私が29歳の頃ですから、だいぶ前の話になります。
この頃私は不倫していました。
彼女とは、仕事を通じて知り合いました。
彼女はスタイルもよく美人で職場でもマドンナ的存在でした。
しかも29歳、女に油が乗り本当にいい女でした。
こんな女を放っておけません、
すぐに私との関係はできてしまいました。
彼女は結婚はしていましたが、子供無し、仕事も有りで、独身の私との時間は自由に取れました。
彼女の提案で2人で2泊旅行することになったんです。
温泉でまったりということで別府温泉に決まりました。
2人ともとても楽しみでね、イチャイチャ、セックス旅行です。
平日の昼間に新幹線に乗ったんですが、車両にほとんど人はいません。
ブチュブチュキスをして、長い長~いキスをしました。
そのまま彼女のおっぱいを触り、
貧乳なんですが、
感度が素晴らしく良いのです。
服の下から手を入れて、
ブラをずらして、
乳首を何度も指の腹ではじくと
「ハァ~、ダメ」
と彼女舌を絡めてきます。
彼女目が潤んで、全開モード一歩手前です。
私「あそこ触っていい?」
彼女「ここじゃだめよ」
私「少しだけだよ」
彼女のパンティを下ろして、あそこを触ってみると
グジュグジュで熱いです。
私「やる気マンマンじゃん」
彼女「ばか!」
グジュグジュの膣口から蜜をすくい取って、クリをゆっくり愛撫し始めると
彼女「声でちゃうよ、だめだめ」
しばらくすると
彼女「あなたの触らせて」
私のズボンの上から触り始め、チャックを開けだした。
私のペニスはギンギンでコチンコチンです。
彼女は、私のペニスを銜え、亀頭を丹念に舐め始めました。
カリを丁寧に舐めてくれますが、これが気持ちいい。
快感が次々と襲ってきます。
彼女は、亀頭を舐めながら、ペニスをしごきだしました。
(私が教えたんですが)
最初ゆっくり、段々と早くなっていきます。
私「うっ!やばい」
ドピュッと彼女の口の中に出しました。
その間も彼女は、大きくゆっくりとしごいてくれます。
全部出してしまいました。
彼女は、私のザーメンを飲み、微笑んでくれました。
出すものを出してしまい、私は、すっかり大人しくなってしまいました。(笑)
彼女の策略に、はまってしまった様です。
でもとってもエッチな2人の旅行の始まりです。

>M女が輝くために

M女が輝くために

一人で悶々と悩んでいませんか?
経験豊富な管理人の私が質問相談・ソフトSM調教依頼
女性限定性感マッサージのご依頼などお気軽にお問合せください。